「ざんねんないきもの事典」今泉忠明監修

公開日:  更新日:

 生き物の進化に正解はなく、生き残れるかどうかは、実は運しだい。本書は、はたから見たら「ざんねん」な感じのする生き物たちを紹介しながら、そんな進化の不思議を伝える面白本。

 雪のように白いホッキョクグマだが、その毛の下の肌はつやのない黒だそうだ。太陽の熱を吸収できるように黒くなったと考えられているという。

 一方、スズメバチが捕まえた昆虫で作る肉団子は、幼虫専用の食べ物で、成虫が食べるのは幼虫が口から出すどろどろとした液体だけ。成虫は毒針がついたおしりを自在に動かせるよう胸とお腹の間が異常にくびれているため、固形物が食べられないのだ。全122種の生き物たちの、そんな生態や不便そうな体、意味のなさそうな能力に思わずニヤニヤ。(高橋書店 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る