「ざんねんないきもの事典」今泉忠明監修

公開日:  更新日:

 生き物の進化に正解はなく、生き残れるかどうかは、実は運しだい。本書は、はたから見たら「ざんねん」な感じのする生き物たちを紹介しながら、そんな進化の不思議を伝える面白本。

 雪のように白いホッキョクグマだが、その毛の下の肌はつやのない黒だそうだ。太陽の熱を吸収できるように黒くなったと考えられているという。

 一方、スズメバチが捕まえた昆虫で作る肉団子は、幼虫専用の食べ物で、成虫が食べるのは幼虫が口から出すどろどろとした液体だけ。成虫は毒針がついたおしりを自在に動かせるよう胸とお腹の間が異常にくびれているため、固形物が食べられないのだ。全122種の生き物たちの、そんな生態や不便そうな体、意味のなさそうな能力に思わずニヤニヤ。(高橋書店 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    安室奈美恵と樹木希林…残す言葉から“去り際”を研究する

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    マンション価格は2019年10月の消費増税を機に暴落する

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る