• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ざんねんないきもの事典」今泉忠明監修

 生き物の進化に正解はなく、生き残れるかどうかは、実は運しだい。本書は、はたから見たら「ざんねん」な感じのする生き物たちを紹介しながら、そんな進化の不思議を伝える面白本。

 雪のように白いホッキョクグマだが、その毛の下の肌はつやのない黒だそうだ。太陽の熱を吸収できるように黒くなったと考えられているという。

 一方、スズメバチが捕まえた昆虫で作る肉団子は、幼虫専用の食べ物で、成虫が食べるのは幼虫が口から出すどろどろとした液体だけ。成虫は毒針がついたおしりを自在に動かせるよう胸とお腹の間が異常にくびれているため、固形物が食べられないのだ。全122種の生き物たちの、そんな生態や不便そうな体、意味のなさそうな能力に思わずニヤニヤ。(高橋書店 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  3. 3

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  4. 4

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

  8. 8

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

もっと見る