「かぼちゃを塩で煮る」牧野伊三夫著

公開日: 更新日:

 今日は一体、どんなおいしいものを食べようか――。本書は、そんな思いで頭がいっぱいになっている「食いしん坊画家」による美食探求エッセーだ。たまの外食でおいしいものを食べようというならいざ知らず、毎日毎食においしさを追求するとなると、なかなか大変だ。

 苦手だったかぼちゃ煮は、塩で煮ることで好物にしてしまう。まずいマグロを買ってしまったら、塩と酒を振って炭火で串焼きにして醤油とワサビで食べる。

 さらにビジネスホテルに泊まれば、電磁湯沸かし器で前菜からメーンディッシュまで作って白ワインを飲むというのだから、その食いしん坊ぶりは筋金入り。

 砂肝の前菜の作り方、料理が苦手でも3分で作れる酒のつまみの作り方など、酒飲みにはうれしい情報も満載。地方のご当地料理や海外のおいしい食事にも好奇心全開で向き合い、家庭での再現をもくろむ姿には脱帽するしかない。ページをめくるごとに、おいしい匂いが立ち上ってきそうだ。(幻冬舎 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る