• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「かぼちゃを塩で煮る」牧野伊三夫著

 今日は一体、どんなおいしいものを食べようか――。本書は、そんな思いで頭がいっぱいになっている「食いしん坊画家」による美食探求エッセーだ。たまの外食でおいしいものを食べようというならいざ知らず、毎日毎食においしさを追求するとなると、なかなか大変だ。

 苦手だったかぼちゃ煮は、塩で煮ることで好物にしてしまう。まずいマグロを買ってしまったら、塩と酒を振って炭火で串焼きにして醤油とワサビで食べる。

 さらにビジネスホテルに泊まれば、電磁湯沸かし器で前菜からメーンディッシュまで作って白ワインを飲むというのだから、その食いしん坊ぶりは筋金入り。

 砂肝の前菜の作り方、料理が苦手でも3分で作れる酒のつまみの作り方など、酒飲みにはうれしい情報も満載。地方のご当地料理や海外のおいしい食事にも好奇心全開で向き合い、家庭での再現をもくろむ姿には脱帽するしかない。ページをめくるごとに、おいしい匂いが立ち上ってきそうだ。(幻冬舎 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る