「物理学者の墓を訪ねる」山口栄一著

公開日:

「天才物理学者に創発が生まれる瞬間、その片鱗がもしかしたら墓に残されているのではないか」と確信し、そのひらめきの秘密を求めて、ニュートン、ボルツマン、ハイゼンベルク、湯川秀樹、朝永振一郎ら13人の物理学者の墓を訪ねた著者。

 ニュートンが眠る墓はロンドンのウェストミンスター寺院の正面左側にある。大理石の石棺の上には、4冊の書籍にもたれて座る、ほぼ等身大のニュートンの彫像があり、その頭上には星座が描かれた天球儀が掲げられ、まさにそこは「自然が表現された一種の科学博物館であり、遊び心満載の遊園地だった」と。そして、「イギリス国教会という全能の神を奉じたカトリックの桎梏(しっこく)から解放された環境こそがニュートンの発見を用意した」と著者は言う。

 物理学の世界に誘うスリリングな科学読み物。(日経BP社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る