「物理学者の墓を訪ねる」山口栄一著

公開日:

「天才物理学者に創発が生まれる瞬間、その片鱗がもしかしたら墓に残されているのではないか」と確信し、そのひらめきの秘密を求めて、ニュートン、ボルツマン、ハイゼンベルク、湯川秀樹、朝永振一郎ら13人の物理学者の墓を訪ねた著者。

 ニュートンが眠る墓はロンドンのウェストミンスター寺院の正面左側にある。大理石の石棺の上には、4冊の書籍にもたれて座る、ほぼ等身大のニュートンの彫像があり、その頭上には星座が描かれた天球儀が掲げられ、まさにそこは「自然が表現された一種の科学博物館であり、遊び心満載の遊園地だった」と。そして、「イギリス国教会という全能の神を奉じたカトリックの桎梏(しっこく)から解放された環境こそがニュートンの発見を用意した」と著者は言う。

 物理学の世界に誘うスリリングな科学読み物。(日経BP社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る