• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「物理学者の墓を訪ねる」山口栄一著

「天才物理学者に創発が生まれる瞬間、その片鱗がもしかしたら墓に残されているのではないか」と確信し、そのひらめきの秘密を求めて、ニュートン、ボルツマン、ハイゼンベルク、湯川秀樹、朝永振一郎ら13人の物理学者の墓を訪ねた著者。

 ニュートンが眠る墓はロンドンのウェストミンスター寺院の正面左側にある。大理石の石棺の上には、4冊の書籍にもたれて座る、ほぼ等身大のニュートンの彫像があり、その頭上には星座が描かれた天球儀が掲げられ、まさにそこは「自然が表現された一種の科学博物館であり、遊び心満載の遊園地だった」と。そして、「イギリス国教会という全能の神を奉じたカトリックの桎梏(しっこく)から解放された環境こそがニュートンの発見を用意した」と著者は言う。

 物理学の世界に誘うスリリングな科学読み物。(日経BP社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る