「戸越銀座でつかまえて」星野博美著

公開日: 更新日:

 一人暮らしの自由を満喫していたはずが、自由に縛られ、生き方を見失ってしまった著者は、愛猫の「ゆき」を連れて、18年半ぶりに、戸越銀座にある実家に戻る。本書は、その戸越銀座での日々をつづったエッセー集。

 40代で非婚の今、地域の話題にもなりたくないし、危険視もされたくない。波風を立てずに生きていくには挨拶が必須の生活技術だが、地域住民の歴史やわが家との付き合いの程度などを考慮して即座に挨拶をかわすのはなかなか大変だ。そんな地元暮らしであらためて感じた戸惑いから、実家の猫「のり」と「ゆき」の関係、馴染みの八百屋での攻防、そして老いゆく両親との距離の取り方など。「都会と田舎が入り交じった」地元で新しい生き方を模索する日々をつづる。

(朝日新聞出版 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る