「戸越銀座でつかまえて」星野博美著

公開日:

 一人暮らしの自由を満喫していたはずが、自由に縛られ、生き方を見失ってしまった著者は、愛猫の「ゆき」を連れて、18年半ぶりに、戸越銀座にある実家に戻る。本書は、その戸越銀座での日々をつづったエッセー集。

 40代で非婚の今、地域の話題にもなりたくないし、危険視もされたくない。波風を立てずに生きていくには挨拶が必須の生活技術だが、地域住民の歴史やわが家との付き合いの程度などを考慮して即座に挨拶をかわすのはなかなか大変だ。そんな地元暮らしであらためて感じた戸惑いから、実家の猫「のり」と「ゆき」の関係、馴染みの八百屋での攻防、そして老いゆく両親との距離の取り方など。「都会と田舎が入り交じった」地元で新しい生き方を模索する日々をつづる。

(朝日新聞出版 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る