「ハプスブルク・スペイン 黒い伝説」ジョゼフ・ペレス著 小林一宏訳

公開日:  更新日:

 イスラム勢力からイベリア半島を奪還して、16世紀に一大世界帝国にのし上がったスペイン。だが、新大陸での先住民の虐殺や、異教徒に対する苛酷な異端審問、王室スキャンダルなど、スペインをめぐる黒い噂がヨーロッパに広がった。その最も激しい攻撃はかつてフェリーペ2世が治めていたフランドルから始まった。その裏にはフェリーペ2世がスペインの異端審問所をフランドルにも導入するのではないかという恐れがあったからだ。実際は、スペインが重視していたのは政治問題であって宗教問題ではなかった。

「事実」として語られ、スペイン帝国を凋落させた「黒い伝説」の真実を暴く。(筑摩書房 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る