「ハプスブルク・スペイン 黒い伝説」ジョゼフ・ペレス著 小林一宏訳

公開日: 更新日:

 イスラム勢力からイベリア半島を奪還して、16世紀に一大世界帝国にのし上がったスペイン。だが、新大陸での先住民の虐殺や、異教徒に対する苛酷な異端審問、王室スキャンダルなど、スペインをめぐる黒い噂がヨーロッパに広がった。その最も激しい攻撃はかつてフェリーペ2世が治めていたフランドルから始まった。その裏にはフェリーペ2世がスペインの異端審問所をフランドルにも導入するのではないかという恐れがあったからだ。実際は、スペインが重視していたのは政治問題であって宗教問題ではなかった。

「事実」として語られ、スペイン帝国を凋落させた「黒い伝説」の真実を暴く。(筑摩書房 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る