「産まなくても、産めなくても」甘糟りり子著

公開日:

 弁護士の宮下夏子は39歳のとき、不妊を理由に尊厳を傷つけられたという川田友美の弁護を担当する。

 友美は抗がん剤治療の影響で不妊の体だったが、そのことを知らなかった義両親が夫に愚痴っているのを聞き、離婚を決意したという。

 ある日、友美との打ち合わせ中に「卵子凍結」の情報を知り、夏子の心は大きく揺れる。今は独身だが、将来の選択肢を残しておこうと夏子はクリニックを訪れるが、断られてしまう。(「掌から時はこぼれて」)

 49歳で結婚し、自分が「無精症」だったことを知った男性、妊娠よりもオリンピック出場を優先してきた女性アスリートらを主人公に、顕微授精、養子縁組など妊娠・出産にまつわる7編の短編小説集。(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る