「産まなくても、産めなくても」甘糟りり子著

公開日:

 弁護士の宮下夏子は39歳のとき、不妊を理由に尊厳を傷つけられたという川田友美の弁護を担当する。

 友美は抗がん剤治療の影響で不妊の体だったが、そのことを知らなかった義両親が夫に愚痴っているのを聞き、離婚を決意したという。

 ある日、友美との打ち合わせ中に「卵子凍結」の情報を知り、夏子の心は大きく揺れる。今は独身だが、将来の選択肢を残しておこうと夏子はクリニックを訪れるが、断られてしまう。(「掌から時はこぼれて」)

 49歳で結婚し、自分が「無精症」だったことを知った男性、妊娠よりもオリンピック出場を優先してきた女性アスリートらを主人公に、顕微授精、養子縁組など妊娠・出産にまつわる7編の短編小説集。(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る