「回帰」今野敏著

公開日:

 カトリック系大学の門の近くで、自動車が爆破された。宗教的な過激派のテロの疑いがあり、警視庁刑事部捜査1課だけでなく、国際テロを担当する公安部外事3課も捜査に加わる。捜査1課の樋口顕は管理官の天童に「因幡を覚えているか?」と聞かれた。10年前、違法捜査の責任を取って退職した因幡は、海外を放浪して国際テロ組織に入ったという噂があるが、天童は彼から電話で、テロを防ぎたいので協力してほしいと頼まれたという。樋口と天童は秘密裏に事を運ぼうとするが、公安は既に因幡が帰国したことをつかんでいた。

 やがて、現場で目撃されたという中東系の若い男が拘束される。

 本紙連載の警察小説シリーズ最新作。(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る