「回帰」今野敏著

公開日: 更新日:

 カトリック系大学の門の近くで、自動車が爆破された。宗教的な過激派のテロの疑いがあり、警視庁刑事部捜査1課だけでなく、国際テロを担当する公安部外事3課も捜査に加わる。捜査1課の樋口顕は管理官の天童に「因幡を覚えているか?」と聞かれた。10年前、違法捜査の責任を取って退職した因幡は、海外を放浪して国際テロ組織に入ったという噂があるが、天童は彼から電話で、テロを防ぎたいので協力してほしいと頼まれたという。樋口と天童は秘密裏に事を運ぼうとするが、公安は既に因幡が帰国したことをつかんでいた。

 やがて、現場で目撃されたという中東系の若い男が拘束される。

 本紙連載の警察小説シリーズ最新作。(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る

人気キーワード