「『終活』としての在宅医療」太田秀樹/蜂須賀裕子著

公開日: 更新日:

 8割の人が病院で亡くなるが、亡くなる人の半分は自宅での死を望んでいる――。そんな時代に「出前医師」の看板を掲げて、必要とする患者さんの元に必要なときに訪ねて治療を行う太田秀樹医師の思いが詰まった本。驚かされるのは在宅でも医療機器の進歩で簡単な胃ろうのチューブ交換や外傷の縫合などの治療、レントゲンやエコー(超音波検査)もできるようになっているということ。生活に医療を持ち込むとこんなことになる、という具体的なエピソードも豊富。自宅で亡くなることについての記述も多い。かかりつけ医の重要性を改めて感じさせる。在宅医療を知りたい人にオススメの一冊だ。(かもがわ出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  7. 7

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る