• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『終活』としての在宅医療」太田秀樹/蜂須賀裕子著

 8割の人が病院で亡くなるが、亡くなる人の半分は自宅での死を望んでいる――。そんな時代に「出前医師」の看板を掲げて、必要とする患者さんの元に必要なときに訪ねて治療を行う太田秀樹医師の思いが詰まった本。驚かされるのは在宅でも医療機器の進歩で簡単な胃ろうのチューブ交換や外傷の縫合などの治療、レントゲンやエコー(超音波検査)もできるようになっているということ。生活に医療を持ち込むとこんなことになる、という具体的なエピソードも豊富。自宅で亡くなることについての記述も多い。かかりつけ医の重要性を改めて感じさせる。在宅医療を知りたい人にオススメの一冊だ。(かもがわ出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る