• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「変態」平山瑞穂編

 異色のアンソロジー「紙礫」シリーズ最新刊。「書いた本人の意図とは関係なく、読むと引いてしまうような作品、それが変態小説だ」ということで、テーマは“変態”だ。収録作品は、中勘助「犬」、内田百閒「東京日記(その八)」、谷崎潤一郎「富美子の足」、稲垣足穂「彼等[THEY]」、川端康成「合掌」、平山瑞穂「果実」、蘭郁二郎「夢鬼」の7編。

 たとえば「犬」。心温まる牧歌的な作品「銀の匙」で知られる著者だが、本作は、苦行僧が“自ら”と“思いを寄せる娘”とに呪法をかけ、共に犬の姿に変えてしまう。そして、その犬のつがいに託して、人間の愛欲のさまを描いた寓話的小説である。大正11年に発表された当時は表現の一部がわいせつであるとされ、相当箇所が伏せ字になっている。(皓星社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る