「変態」平山瑞穂編

公開日:

 異色のアンソロジー「紙礫」シリーズ最新刊。「書いた本人の意図とは関係なく、読むと引いてしまうような作品、それが変態小説だ」ということで、テーマは“変態”だ。収録作品は、中勘助「犬」、内田百閒「東京日記(その八)」、谷崎潤一郎「富美子の足」、稲垣足穂「彼等[THEY]」、川端康成「合掌」、平山瑞穂「果実」、蘭郁二郎「夢鬼」の7編。

 たとえば「犬」。心温まる牧歌的な作品「銀の匙」で知られる著者だが、本作は、苦行僧が“自ら”と“思いを寄せる娘”とに呪法をかけ、共に犬の姿に変えてしまう。そして、その犬のつがいに託して、人間の愛欲のさまを描いた寓話的小説である。大正11年に発表された当時は表現の一部がわいせつであるとされ、相当箇所が伏せ字になっている。(皓星社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る