「瀬戸内寂聴 いのちよみがえるとき」瀬戸内寂聴著

公開日: 更新日:

 長生きのヒミツは、セックスしていないからだそうだ。

「セックスしてたら今ごろどうかなってると思わない? だって、すごく興奮するわけだから。そりゃあ一生懸命するでしょ(笑)。私の命がまだもってるのは、セックスしてないからよ。それと仏さまのおかげ。出家してなかったら、今ごろ死んでるかもね。動脈瘤が2つもあったらそりゃ裂けますよ」(2015年8月16日寂庵にて)

 本書は2010年以降に著者が語った内容をテーマ別にまとめた独白記。付録のDVDには、およそ500日の闘病の様子を追ったドキュメンタリー番組(NHK BSプレミアム)と、15年10月11日に岩手県の天台寺で約3000人の聴衆を前に、大病後初めて行われた法話映像も収録されている。(NHK出版 3700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る