• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ガーディアン」薬丸岳著

 石原中学校の1年生、日下部幸樹のスマホにガーディアンからメールが届いた。生徒で構成された秘密の組織、ガーディアンの一員として承認されたというのだ。かつて石原中は荒れる中学として有名だったが、ガーディアンがいじめなどを行う生徒に制裁を加えるようになってから、学内が平穏になった。

 だが、メンバーがその存在を第三者に明かすと、制裁の対象になる。ところがそのメールを先輩の八巻に見られてしまい、日下部は学内で孤立する。ガーディアンは教師には知られていなかったが、新任の教師、秋葉がその存在に気づいて行動を起こす。

 いじめや不登校など学校の闇と対峙する教師の物語。(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る