「自分を『平気で盛る』人の正体」和田秀樹著

公開日: 更新日:

 タレントが学歴詐称をしたり、SNSで「リア充」をアピールするために代行業者を使うなど、ここ数年、自分を偽装したり、“盛る”ことでよく見せようとする自己アピールの強い人が増えている。背景にあるのは、盛った人のほうが優秀な人材と見られ、得をしやすいという社会。それゆえ「演出の範囲」と捉え、偽ることへの垣根が低くなっているのだ。

 盛りたがる人には、「他人への共感性がない」「他人を傷つけるのは平気」「安請け合いする」などの特徴がある。しかし彼らは、一見魅力的に見えるので、内定を出したり、仕事を依頼してはトラブルになる……という負のループが生まれている、と著者。

 見抜くことが難しい“盛り”の実態を解説しながら、対処のヒントをさぐる。(SBクリエイティブ 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る