「悪党どものお楽しみ」パーシヴァル・ワイルド著、巴妙子訳

公開日:

 ポーカーのイカサマ師のビルは、ある日、裕福な農場主らと卓を囲む。最後の大勝負に出ようとした寸前、参加していたセールスマンにイカサマがバレてしまう。しかし、セールスマンはなぜかビルを警察に突き出さず、街から出て行けと言うだけだった。実はセールスマンとその相棒もイカサマ師で農場主は彼らのカモだったのだ。

 ビルが6年ぶりに故郷に戻ると、実家は何も変わっておらず、幼いころ、父親が息子のしつけに使ったムチもそのまま残っていた。父親との勝負に負け、イカサマから足を洗い農夫として暮らしていたビルは、ある日、知り合った女性の夫を、いかさまポーカーの被害から助けだす。改心したビルが、凄腕のイカサマ師たちのトリックを暴いていく連作集。(筑摩書房 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る