• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「悪党どものお楽しみ」パーシヴァル・ワイルド著、巴妙子訳

 ポーカーのイカサマ師のビルは、ある日、裕福な農場主らと卓を囲む。最後の大勝負に出ようとした寸前、参加していたセールスマンにイカサマがバレてしまう。しかし、セールスマンはなぜかビルを警察に突き出さず、街から出て行けと言うだけだった。実はセールスマンとその相棒もイカサマ師で農場主は彼らのカモだったのだ。

 ビルが6年ぶりに故郷に戻ると、実家は何も変わっておらず、幼いころ、父親が息子のしつけに使ったムチもそのまま残っていた。父親との勝負に負け、イカサマから足を洗い農夫として暮らしていたビルは、ある日、知り合った女性の夫を、いかさまポーカーの被害から助けだす。改心したビルが、凄腕のイカサマ師たちのトリックを暴いていく連作集。(筑摩書房 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る