「悪党どものお楽しみ」パーシヴァル・ワイルド著、巴妙子訳

公開日:

 ポーカーのイカサマ師のビルは、ある日、裕福な農場主らと卓を囲む。最後の大勝負に出ようとした寸前、参加していたセールスマンにイカサマがバレてしまう。しかし、セールスマンはなぜかビルを警察に突き出さず、街から出て行けと言うだけだった。実はセールスマンとその相棒もイカサマ師で農場主は彼らのカモだったのだ。

 ビルが6年ぶりに故郷に戻ると、実家は何も変わっておらず、幼いころ、父親が息子のしつけに使ったムチもそのまま残っていた。父親との勝負に負け、イカサマから足を洗い農夫として暮らしていたビルは、ある日、知り合った女性の夫を、いかさまポーカーの被害から助けだす。改心したビルが、凄腕のイカサマ師たちのトリックを暴いていく連作集。(筑摩書房 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る