「風のかたみ」葉室麟著

公開日:  更新日:

 豊後、安見藩城下で女医をしていた桑山伊都子は、藩の目付方・椎野吉左衛門に妙なことを命じられた。藩主の御一門衆である佐野家の屋敷に住み込んでほしいという。主の佐野了禅は藩主の上意討ちにあらがって2人の息子ともども討ち死にし、了禅やその息子の妻子ら、女だけが避暑用の白鷺屋敷に残された。彼女たちが自害せぬようにし、さらに身ごもっている女がいないか探れというのだ。どうやら藩のお世継ぎ問題がからんでいるらしい。

 了禅の次男の妻・初は冷たい表情の美女だったが、ある夜、初の部屋に烏天狗の面をつけた男が忍び込む。

 男社会の価値観に殉ずることを拒んだ武家の女たちを描く、斬新な視点の時代小説。(朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る