• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「風のかたみ」葉室麟著

 豊後、安見藩城下で女医をしていた桑山伊都子は、藩の目付方・椎野吉左衛門に妙なことを命じられた。藩主の御一門衆である佐野家の屋敷に住み込んでほしいという。主の佐野了禅は藩主の上意討ちにあらがって2人の息子ともども討ち死にし、了禅やその息子の妻子ら、女だけが避暑用の白鷺屋敷に残された。彼女たちが自害せぬようにし、さらに身ごもっている女がいないか探れというのだ。どうやら藩のお世継ぎ問題がからんでいるらしい。

 了禅の次男の妻・初は冷たい表情の美女だったが、ある夜、初の部屋に烏天狗の面をつけた男が忍び込む。

 男社会の価値観に殉ずることを拒んだ武家の女たちを描く、斬新な視点の時代小説。(朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る