「風のかたみ」葉室麟著

公開日: 更新日:

 豊後、安見藩城下で女医をしていた桑山伊都子は、藩の目付方・椎野吉左衛門に妙なことを命じられた。藩主の御一門衆である佐野家の屋敷に住み込んでほしいという。主の佐野了禅は藩主の上意討ちにあらがって2人の息子ともども討ち死にし、了禅やその息子の妻子ら、女だけが避暑用の白鷺屋敷に残された。彼女たちが自害せぬようにし、さらに身ごもっている女がいないか探れというのだ。どうやら藩のお世継ぎ問題がからんでいるらしい。

 了禅の次男の妻・初は冷たい表情の美女だったが、ある夜、初の部屋に烏天狗の面をつけた男が忍び込む。

 男社会の価値観に殉ずることを拒んだ武家の女たちを描く、斬新な視点の時代小説。(朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 10

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

もっと見る