「内通者」堂場瞬一著

公開日:

 千葉県警捜査2課の係長・結城は、部下らと堤防の補強工事を巡る収賄容疑で建設会社の藤本と県庁土木局の部長・会田の内偵を続けていた。きっかけは建設会社の社員・椎名からの内部告発だった。藤本と会田が通じていることは明らかだが、決定的証拠がつかめない。

 2人の監視を続ける中、教員をしている結城の妻が学校で倒れ急死。悲しみから逃れるように捜査に戻った結城に、いつもは刑事の花岡を通じて情報をもたらす椎名が、接触してきた。椎名の情報通り、入札前夜、藤本と会田に動きがある。一方、母の葬儀を終え下宿先に戻った結城の娘・若葉は、見知らぬ男から電話で「あんたは結城の娘じゃない」と告げられる。

 名手による徹夜必至の長編警察小説。(朝日新聞出版 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る