「内通者」堂場瞬一著

公開日:

 千葉県警捜査2課の係長・結城は、部下らと堤防の補強工事を巡る収賄容疑で建設会社の藤本と県庁土木局の部長・会田の内偵を続けていた。きっかけは建設会社の社員・椎名からの内部告発だった。藤本と会田が通じていることは明らかだが、決定的証拠がつかめない。

 2人の監視を続ける中、教員をしている結城の妻が学校で倒れ急死。悲しみから逃れるように捜査に戻った結城に、いつもは刑事の花岡を通じて情報をもたらす椎名が、接触してきた。椎名の情報通り、入札前夜、藤本と会田に動きがある。一方、母の葬儀を終え下宿先に戻った結城の娘・若葉は、見知らぬ男から電話で「あんたは結城の娘じゃない」と告げられる。

 名手による徹夜必至の長編警察小説。(朝日新聞出版 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る