「花天の力士」天野行人著

公開日: 更新日:

 左大臣藤原道長は政敵の藤原顕光にはめられて、相撲節会でお互いに最強の相撲人を選んで対決することになった。そんなとき、道長の従者が侍所で怪しい大男を見た。大男が張り手をしている大木の幹が手のひらの形にへこんでいたのだ。この大男が顕光の相撲人だと見抜いた道長は、当代一の相撲人探しを陰陽師・安倍晴明に命じる。〈聖なる力士〉がいると伝えられる秋篠の里に向かった晴明は、川のほとりで〈出雲〉と呼ばれる12、13歳の童と出会った。

 垂仁天皇の頃、野見宿禰に踏み殺された当麻蹴速の遺恨をめぐって、末裔同士が呪術を駆使して戦う時代ファンタジー。

(朝日新聞出版 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  3. 3

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  6. 6

    菅原前経産相の再選後押し 立憲・国民の不毛なメンツ争い

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  9. 9

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  10. 10

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る