• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「花天の力士」天野行人著

 左大臣藤原道長は政敵の藤原顕光にはめられて、相撲節会でお互いに最強の相撲人を選んで対決することになった。そんなとき、道長の従者が侍所で怪しい大男を見た。大男が張り手をしている大木の幹が手のひらの形にへこんでいたのだ。この大男が顕光の相撲人だと見抜いた道長は、当代一の相撲人探しを陰陽師・安倍晴明に命じる。〈聖なる力士〉がいると伝えられる秋篠の里に向かった晴明は、川のほとりで〈出雲〉と呼ばれる12、13歳の童と出会った。

 垂仁天皇の頃、野見宿禰に踏み殺された当麻蹴速の遺恨をめぐって、末裔同士が呪術を駆使して戦う時代ファンタジー。

(朝日新聞出版 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る