「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真」林田康隆著

公開日:

 眼科専門医の著者は、大阪大学大学院および米国フロリダ州マイアミ・オキュラーサーフェスセンターにて、眼表面の幹細胞研究に携わった再生医療のスペシャリスト。

 その著者によれば、目がよくなるためのポイントは2つあり、①目の奥の「ピントを合わせる筋肉」を鍛える②「脳内視力」を鍛える。これらの2つの効果を得られるようにオリジナルの「目がよくなる写真」を開発した。

 やり方は簡単で、1日1回1分程度、明るい場所で写真を「左右の写真を交互に見ましょう」「数字の順に目で追いましょう」などの指示に従って見るだけ。28枚の写真が掲載されており、1日1枚、28日(4週間)で1サイクルとなる。美しかったり可愛かったりする写真で、目的を忘れて見入ってしまうかもしれない。

 利用者からは「頭の中もクリアになった」「夜道の運転が疲れなくなった」「目の乾きが解消された」などの声が寄せられているという。(アスコム 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る