「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真」林田康隆著

公開日: 更新日:

 眼科専門医の著者は、大阪大学大学院および米国フロリダ州マイアミ・オキュラーサーフェスセンターにて、眼表面の幹細胞研究に携わった再生医療のスペシャリスト。

 その著者によれば、目がよくなるためのポイントは2つあり、①目の奥の「ピントを合わせる筋肉」を鍛える②「脳内視力」を鍛える。これらの2つの効果を得られるようにオリジナルの「目がよくなる写真」を開発した。

 やり方は簡単で、1日1回1分程度、明るい場所で写真を「左右の写真を交互に見ましょう」「数字の順に目で追いましょう」などの指示に従って見るだけ。28枚の写真が掲載されており、1日1枚、28日(4週間)で1サイクルとなる。美しかったり可愛かったりする写真で、目的を忘れて見入ってしまうかもしれない。

 利用者からは「頭の中もクリアになった」「夜道の運転が疲れなくなった」「目の乾きが解消された」などの声が寄せられているという。(アスコム 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る