• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「マインドフルネス瞑想がよくわかる本」有光興記著

 マインドフルネス瞑想とは、簡単にいえば、悩み事やストレスの解消につながる瞑想法のこと。

 近年注目が集まっているが、臨床心理学を専門とする著者によれば、概要は広く伝わっているものの、本当の意味や正しい取り組み方があまりよく理解されていない。

 ただ黙って心を落ち着けようとしても、「つまらない」「長い」などの思考がめぐり、効果がない。

 やみくもに自己流で瞑想をすると、かえって害になるという。

 初心者には、まずはマインドフルネス瞑想の理解に、経験者には、瞑想をしていて困った時の手助けとして、活用できる内容になっている。

 ボストン大学不安関連障害センターで1年間、マインドフルネス瞑想の最新研究に従事し、ストレスや抑うつ、不安に悩む子供と成人を対象に指導を行う著者だからこその、基本から応用にまで幅広く対応できる一冊だ。(講談社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る