「猿神のロスト・シティ」ダグラス・プレストン著、鍛原多惠子訳

公開日:

 スリラー作家としても知られる著者ならではの巧みなストーリーテリングで描かれる、考古学アドベンチャーノンフィクション。

 2015年3月号の科学雑誌「ナショナル ジオグラフィック」の記事に世界が騒然となった。中米ホンジュラスに500年前から伝わる、マヤ文明に匹敵する伝説の「猿神王国」の古代都市群遺跡を、人跡未踏のジャングルの中でついに発見したというものだ。

 本書はその探検調査に同行した著者が、人工衛星や航空機に搭載したセンサーと電磁気を使って上空から熱帯林に覆われた地形の様子や埋蔵物を見つけ出すNASAの最新テクノロジー「ライダー」を駆使し、52点の石像を発見するまでの経緯をつぶさに伝える。発見後、探検隊メンバーが相次いで致死率の高い寄生虫病に感染する後日談も興味深い。(NHK出版 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る