• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「服従」ミシェル・ウエルベック著 大塚桃訳

 19世紀のデカダン作家ユイスマンスの研究者であるフランソワは、ソルボンヌ=パリ第4大学で博士号を得て、パリ第3大学で教壇に立っている。結婚をせず、毎年、新入生と恋愛関係を続けてきたフランソワだが、教授に昇進し、新たな恋を始める意欲を失ってしまう。2022年、大統領選が行われ、極右政党の女党首と穏健イスラム政党の党首が決選投票に残る。ファシストかイスラム主義者かという究極の選択を迫られた国民は、後者を選択。イスラム政権の樹立により、大学はムスリムしか教壇に立てなくなり、改宗を拒んだフランソワは解雇されてしまう。

 ベストセラー「素粒子」の著者による、現在の世界情勢を予言したかのような問題小説。(河出書房新社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る