「服従」ミシェル・ウエルベック著 大塚桃訳

公開日: 更新日:

 19世紀のデカダン作家ユイスマンスの研究者であるフランソワは、ソルボンヌ=パリ第4大学で博士号を得て、パリ第3大学で教壇に立っている。結婚をせず、毎年、新入生と恋愛関係を続けてきたフランソワだが、教授に昇進し、新たな恋を始める意欲を失ってしまう。2022年、大統領選が行われ、極右政党の女党首と穏健イスラム政党の党首が決選投票に残る。ファシストかイスラム主義者かという究極の選択を迫られた国民は、後者を選択。イスラム政権の樹立により、大学はムスリムしか教壇に立てなくなり、改宗を拒んだフランソワは解雇されてしまう。

 ベストセラー「素粒子」の著者による、現在の世界情勢を予言したかのような問題小説。(河出書房新社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る