「服従」ミシェル・ウエルベック著 大塚桃訳

公開日:

 19世紀のデカダン作家ユイスマンスの研究者であるフランソワは、ソルボンヌ=パリ第4大学で博士号を得て、パリ第3大学で教壇に立っている。結婚をせず、毎年、新入生と恋愛関係を続けてきたフランソワだが、教授に昇進し、新たな恋を始める意欲を失ってしまう。2022年、大統領選が行われ、極右政党の女党首と穏健イスラム政党の党首が決選投票に残る。ファシストかイスラム主義者かという究極の選択を迫られた国民は、後者を選択。イスラム政権の樹立により、大学はムスリムしか教壇に立てなくなり、改宗を拒んだフランソワは解雇されてしまう。

 ベストセラー「素粒子」の著者による、現在の世界情勢を予言したかのような問題小説。(河出書房新社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る