「ひとめぼれ」畠中恵著

公開日:

 神田町名主の跡取り息子、高橋麻之助は、花梅屋の隠居、お浜に、料理屋風花屋での雪見に招待された。ところが迎えの舟で八丁堀同心の相馬小十郎と養子の吉五郎、娘の一葉と一緒になる。どうやら雪見は口実で、風花屋で店の土地の権利を記した書き付けが盗まれて蔵に隠されていた事件を探ってほしいらしい。風花屋に着くと、春四郎という甘い顔立ちの男に迎えられた。お浜の孫だというが、吉五郎のいいなずけの一葉と妙に親しげだ。そして、麻之助らが風花屋の話を聞いているうちに、一葉が何者かに蔵に閉じ込められた。しかも、2本ある蔵の鍵も消えている!

 お気楽者、麻之助の人気シリーズ。表題作ほか5編収録。(文藝春秋 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る