• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ひとめぼれ」畠中恵著

投稿日:

 神田町名主の跡取り息子、高橋麻之助は、花梅屋の隠居、お浜に、料理屋風花屋での雪見に招待された。ところが迎えの舟で八丁堀同心の相馬小十郎と養子の吉五郎、娘の一葉と一緒になる。どうやら雪見は口実で、風花屋で店の土地の権利を記した書き付けが盗まれて蔵に隠されていた事件を探ってほしいらしい。風花屋に着くと、春四郎という甘い顔立ちの男に迎えられた。お浜の孫だというが、吉五郎のいいなずけの一葉と妙に親しげだ。そして、麻之助らが風花屋の話を聞いているうちに、一葉が何者かに蔵に閉じ込められた。しかも、2本ある蔵の鍵も消えている!

 お気楽者、麻之助の人気シリーズ。表題作ほか5編収録。(文藝春秋 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る