「生命の内と外」永田和宏著

公開日:

「ミトコンドリア」や「オートファジー」など、21世紀に入ってから、より詳しく細胞の働きを知り、その異変に気付かなければ病気を治すことができないという事実がわかってきた。

 その際、欠かせないのが私たちの生命を維持させている「膜」の存在だ。

「膜」は閉じつつ開きながら必要なものを摂取し、不要なものを拒み、排除している。

 恒常性とは、そうして生命を維持させていくシステムのことだ。

 日本を代表する細胞生物学者がこの摩訶不思議な働きについて平易な文章でわかりやすく説明してくれる。文中では、科学知識を持ちながらそれを実際の生活に生かせず、広告にのせられている“いまの風潮”に苛立ちを見せているのも面白い。(新潮社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る