「生命の内と外」永田和宏著

公開日: 更新日:

「ミトコンドリア」や「オートファジー」など、21世紀に入ってから、より詳しく細胞の働きを知り、その異変に気付かなければ病気を治すことができないという事実がわかってきた。

 その際、欠かせないのが私たちの生命を維持させている「膜」の存在だ。

「膜」は閉じつつ開きながら必要なものを摂取し、不要なものを拒み、排除している。

 恒常性とは、そうして生命を維持させていくシステムのことだ。

 日本を代表する細胞生物学者がこの摩訶不思議な働きについて平易な文章でわかりやすく説明してくれる。文中では、科学知識を持ちながらそれを実際の生活に生かせず、広告にのせられている“いまの風潮”に苛立ちを見せているのも面白い。(新潮社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  9. 8

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る