• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「生命の内と外」永田和宏著

「ミトコンドリア」や「オートファジー」など、21世紀に入ってから、より詳しく細胞の働きを知り、その異変に気付かなければ病気を治すことができないという事実がわかってきた。

 その際、欠かせないのが私たちの生命を維持させている「膜」の存在だ。

「膜」は閉じつつ開きながら必要なものを摂取し、不要なものを拒み、排除している。

 恒常性とは、そうして生命を維持させていくシステムのことだ。

 日本を代表する細胞生物学者がこの摩訶不思議な働きについて平易な文章でわかりやすく説明してくれる。文中では、科学知識を持ちながらそれを実際の生活に生かせず、広告にのせられている“いまの風潮”に苛立ちを見せているのも面白い。(新潮社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

もっと見る