• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「囲碁殺人事件」竹本健治著

 大脳生理学者の須堂は、助手・典子の12歳の弟・智久を研究対象者に選ぶ。IQ208の智久は、囲碁アマ七段格の天才だった。3人は、智久が憧れる槙野九段のタイトル防衛戦第2局を観戦するため山梨へ。5期連続「棋幽」のタイトルを守る槙野だが、初戦は若手の氷室七段に完敗していた。

 第2局、槙野は1着目から前代未聞の地点に石を置く。戦いが進むにつれ氷室に追い込まれた槙野に、周囲は連敗を確信する。

 だが、誰もが考えなかった一手で形勢が逆転。氷室は投了せず、決着は翌日に持ち越される。翌朝、時間になっても対局室に現れない槙野が、近くの滝の岩棚で首なし死体で見つかる。

 将棋、トランプと続くゲームミステリー3部作の第1弾。

(講談社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る