「美酒と黄昏」小玉武著

公開日:  更新日:

 植草甚一がワセダの学生だったころ、不良詩人のサトウハチローの出版記念会に行った。上野広小路のバー、紅葉軒で赤い酒、青い酒を飲み、エノケンにサインをもらった。帰りに新宿で私服の刑事にアカと疑われてなぐられ、さらに友人に誘われて吉原に登楼。その後、かなり飲んだが酔わなかった。内藤鳴雪の〈大盃落花も共に呑み干しぬ〉という句が身に沁みた。前年の暮れに読んだヴァン・ダインの「僧正殺人事件」の感動を思い出し、自分らしく自由に生きようと思った――。

 戦後の一世代のミステリーファンの「神様」だった「植草甚一」がこの日、生まれた。(「紅灯緑酒」)

「サントリー・クォータリー」元編集長の文芸エッセー。(幻戯書房 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る