• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「渇きと偽り」ジェイン・ハーパー著、青木創訳

 メルボルンの連邦警察で経済捜査を担当するフォークは、少年時代の友人・ルークの葬儀に参列するため帰郷する。16歳のとき、女友達のエリーを殺したと疑われ、逃げ出すように町を離れて以来、20年ぶりの故郷だった。「ルークは嘘をついた。きみも嘘をついた」というルークの父親から届いた手紙がなければ帰郷はしなかった。ルークは、妻と6歳の息子を撃ち殺した後、自殺したという。ルークの母親から、ルークの死の真相を調べて欲しいと懇願されたフォークは、休暇を申請し町に残る。地元の警官・レイコーに聞くと、確かにルーク一家の死には不自然な点があった。

 干ばつに苦しむ町を舞台に過去と現在の事件が交錯する長編ミステリー。(早川書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る