「渇きと偽り」ジェイン・ハーパー著、青木創訳

公開日:

 メルボルンの連邦警察で経済捜査を担当するフォークは、少年時代の友人・ルークの葬儀に参列するため帰郷する。16歳のとき、女友達のエリーを殺したと疑われ、逃げ出すように町を離れて以来、20年ぶりの故郷だった。「ルークは嘘をついた。きみも嘘をついた」というルークの父親から届いた手紙がなければ帰郷はしなかった。ルークは、妻と6歳の息子を撃ち殺した後、自殺したという。ルークの母親から、ルークの死の真相を調べて欲しいと懇願されたフォークは、休暇を申請し町に残る。地元の警官・レイコーに聞くと、確かにルーク一家の死には不自然な点があった。

 干ばつに苦しむ町を舞台に過去と現在の事件が交錯する長編ミステリー。(早川書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る