「渇きと偽り」ジェイン・ハーパー著、青木創訳

公開日:

 メルボルンの連邦警察で経済捜査を担当するフォークは、少年時代の友人・ルークの葬儀に参列するため帰郷する。16歳のとき、女友達のエリーを殺したと疑われ、逃げ出すように町を離れて以来、20年ぶりの故郷だった。「ルークは嘘をついた。きみも嘘をついた」というルークの父親から届いた手紙がなければ帰郷はしなかった。ルークは、妻と6歳の息子を撃ち殺した後、自殺したという。ルークの母親から、ルークの死の真相を調べて欲しいと懇願されたフォークは、休暇を申請し町に残る。地元の警官・レイコーに聞くと、確かにルーク一家の死には不自然な点があった。

 干ばつに苦しむ町を舞台に過去と現在の事件が交錯する長編ミステリー。(早川書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る