「猫の傀儡」西條奈加著

公開日:

 江戸の猫町で暮らす野良猫のミスジは、ある日長老猫から、傀儡師を仰せつかる。傀儡師の役目とは、町内の猫にふりかかった面倒事を人を操って働かせ、解決すること。ミスジが傀儡する人間は、おっとり長屋の売れない狂言作者の阿次郎と決まった。

 早速、3丁目のキジトラ猫キジから、花盗っ人の疑いを晴らしてくれとの相談が持ち込まれる。銅物屋の隠居が大切に育てた100両もするという変わり種朝顔の鉢が割られるという事件が起き、たまたま通りかかったため、濡れ衣を着せられているというのだ。

 ミスジは阿次郎を連れ出して銅物屋へと上がり込み、変わり種朝顔には孫娘の縁談話が絡んでいることを知る。(表題作)

 傀儡師ミスジを主人公に猫視点で描く傑作時代猫ミステリー。全7話を収録。

(光文社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る