「猫の傀儡」西條奈加著

公開日: 更新日:

 江戸の猫町で暮らす野良猫のミスジは、ある日長老猫から、傀儡師を仰せつかる。傀儡師の役目とは、町内の猫にふりかかった面倒事を人を操って働かせ、解決すること。ミスジが傀儡する人間は、おっとり長屋の売れない狂言作者の阿次郎と決まった。

 早速、3丁目のキジトラ猫キジから、花盗っ人の疑いを晴らしてくれとの相談が持ち込まれる。銅物屋の隠居が大切に育てた100両もするという変わり種朝顔の鉢が割られるという事件が起き、たまたま通りかかったため、濡れ衣を着せられているというのだ。

 ミスジは阿次郎を連れ出して銅物屋へと上がり込み、変わり種朝顔には孫娘の縁談話が絡んでいることを知る。(表題作)

 傀儡師ミスジを主人公に猫視点で描く傑作時代猫ミステリー。全7話を収録。

(光文社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る