「たべもの芳名録」神吉拓郎著

公開日: 更新日:

 往年の人気作家(94年没)による食エッセー。

 春のある日、家人が電話で話す内容から、心待ちにしていたことがついに実現することを知る。知人の奥さんが、手製の五目ずしを持って我が家に向かっているというのだ。北海道生まれの奥さんのサケが主力だというそのすしの話題から、デパートの名産展で見かけたスペインの職人の話や、内田百閒の随筆で読んで以来、一度は食べてみたいと思っている岡山のすし、そして祖母のすしまで話が展開しながら、すしを恋しがる気持ちをつづった「鮓が来そうな日」。

 他にも、少年時代の潮干狩りの話から碁が好きだった父、いろいろな貝の食べ方にまで発展する「ヒヨシガリの海」など、味わい深い文章でさまざまな角度から食についてつづる。(筑摩書房 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る