• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「たべもの芳名録」神吉拓郎著

 往年の人気作家(94年没)による食エッセー。

 春のある日、家人が電話で話す内容から、心待ちにしていたことがついに実現することを知る。知人の奥さんが、手製の五目ずしを持って我が家に向かっているというのだ。北海道生まれの奥さんのサケが主力だというそのすしの話題から、デパートの名産展で見かけたスペインの職人の話や、内田百閒の随筆で読んで以来、一度は食べてみたいと思っている岡山のすし、そして祖母のすしまで話が展開しながら、すしを恋しがる気持ちをつづった「鮓が来そうな日」。

 他にも、少年時代の潮干狩りの話から碁が好きだった父、いろいろな貝の食べ方にまで発展する「ヒヨシガリの海」など、味わい深い文章でさまざまな角度から食についてつづる。(筑摩書房 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る