「たべもの芳名録」神吉拓郎著

公開日:

 往年の人気作家(94年没)による食エッセー。

 春のある日、家人が電話で話す内容から、心待ちにしていたことがついに実現することを知る。知人の奥さんが、手製の五目ずしを持って我が家に向かっているというのだ。北海道生まれの奥さんのサケが主力だというそのすしの話題から、デパートの名産展で見かけたスペインの職人の話や、内田百閒の随筆で読んで以来、一度は食べてみたいと思っている岡山のすし、そして祖母のすしまで話が展開しながら、すしを恋しがる気持ちをつづった「鮓が来そうな日」。

 他にも、少年時代の潮干狩りの話から碁が好きだった父、いろいろな貝の食べ方にまで発展する「ヒヨシガリの海」など、味わい深い文章でさまざまな角度から食についてつづる。(筑摩書房 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る