「落語魅捨理全集」山口雅也著

公開日:

 無門道絡なる僧侶に化けた骨董商の男。田舎の人間をだまして掘り出し物の骨董を安値で手に入れようというのだ。ある茶屋で猫が高価な絵高麗の梅鉢で餌を食べているのを見て、一計を案じた。猫を1両2分で譲ってくれと茶屋の親父に持ち掛け、ついでにその茶碗も、と言ったら、ぴしゃりと断られた。親父は、絵高麗の梅鉢で猫に餌を食べさせると拾ってきた猫が時々、高価で売れるとうそぶく。

 ところが、親父は道絡が持っていた平賀源内の発明品だという刻みたばこ用点火器を見ると目を輝かせ、自分とひと勝負しないかと言いだした。(「坊主の愉しみ」)

 古典落語を下敷きにしながら予想外の結末で驚かせる江戸噺7編。(講談社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  5. 5

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る