「寝た犬を起こすな」イアン・ランキン著 延原泰子訳

公開日: 更新日:

 エディンバラ空港近くの田舎道で起きた事故で車が大破。警察に再雇用されたリーバスはかつての部下シボーンと捜査を始める。運転席の女子大生ジェシカは幸い一命をとりとめた。シボーンは彼女の靴の片方が助手席にあったことに疑問を抱く。何者かが助手席からジェシカを運転席に移動させたのではないかと。

 一方、内部監査室勤務のフォックスは、司法次官のマリカの指示で30年前の事件の再捜査に着手する。かつてサマホールの警察署で「裏バイブルの聖人」と呼ばれた警官たちが殺人犯を意図的に見逃した疑いが浮上したのだ。リーバスもその聖人のひとりだった。

 英国からの独立の是非に揺れるスコットランドを舞台に描かれる長編ハードボイルド。(早川書房 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る