「寝た犬を起こすな」イアン・ランキン著 延原泰子訳

公開日:

 エディンバラ空港近くの田舎道で起きた事故で車が大破。警察に再雇用されたリーバスはかつての部下シボーンと捜査を始める。運転席の女子大生ジェシカは幸い一命をとりとめた。シボーンは彼女の靴の片方が助手席にあったことに疑問を抱く。何者かが助手席からジェシカを運転席に移動させたのではないかと。

 一方、内部監査室勤務のフォックスは、司法次官のマリカの指示で30年前の事件の再捜査に着手する。かつてサマホールの警察署で「裏バイブルの聖人」と呼ばれた警官たちが殺人犯を意図的に見逃した疑いが浮上したのだ。リーバスもその聖人のひとりだった。

 英国からの独立の是非に揺れるスコットランドを舞台に描かれる長編ハードボイルド。(早川書房 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る