「寝た犬を起こすな」イアン・ランキン著 延原泰子訳

公開日: 更新日:

 エディンバラ空港近くの田舎道で起きた事故で車が大破。警察に再雇用されたリーバスはかつての部下シボーンと捜査を始める。運転席の女子大生ジェシカは幸い一命をとりとめた。シボーンは彼女の靴の片方が助手席にあったことに疑問を抱く。何者かが助手席からジェシカを運転席に移動させたのではないかと。

 一方、内部監査室勤務のフォックスは、司法次官のマリカの指示で30年前の事件の再捜査に着手する。かつてサマホールの警察署で「裏バイブルの聖人」と呼ばれた警官たちが殺人犯を意図的に見逃した疑いが浮上したのだ。リーバスもその聖人のひとりだった。

 英国からの独立の是非に揺れるスコットランドを舞台に描かれる長編ハードボイルド。(早川書房 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3年前の因縁再び「広島誠也VS巨人坂本」セ3冠のし烈な争い

  2. 2

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  3. 3

    広島8連勝で単独首位 OB投手も成果指摘の「佐々岡式」とは

  4. 4

    日本はどうしたのか 正気とは思えないトランプ“狂騒”<上>

  5. 5

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  6. 6

    4試合10安打の巨人・丸 カープOBが危惧する“打撃の病気”は

  7. 7

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  8. 8

    菊池涼介が証言 広島浮上は4.17G丸弾で“尻に火”がきっかけ

  9. 9

    トランプ来場で国技館は超厳戒 相撲観戦客は大ブーイング

  10. 10

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る