「寝た犬を起こすな」イアン・ランキン著 延原泰子訳

公開日: 更新日:

 エディンバラ空港近くの田舎道で起きた事故で車が大破。警察に再雇用されたリーバスはかつての部下シボーンと捜査を始める。運転席の女子大生ジェシカは幸い一命をとりとめた。シボーンは彼女の靴の片方が助手席にあったことに疑問を抱く。何者かが助手席からジェシカを運転席に移動させたのではないかと。

 一方、内部監査室勤務のフォックスは、司法次官のマリカの指示で30年前の事件の再捜査に着手する。かつてサマホールの警察署で「裏バイブルの聖人」と呼ばれた警官たちが殺人犯を意図的に見逃した疑いが浮上したのだ。リーバスもその聖人のひとりだった。

 英国からの独立の是非に揺れるスコットランドを舞台に描かれる長編ハードボイルド。(早川書房 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る