「劇場」又吉直樹著

公開日:

 主人公「永田」は、売れない小劇団の脚本家。ある日、画廊をのぞきこんでいる沙希という女性を見て、この人こそ自分を理解してくれる人なのではないかと思い、強引に声をかけて喫茶店に誘う。最初は警戒していた沙希も、中学の頃から演劇部だったこともあり、永田に興味を持つようになった。

 当初、恐る恐る沙希をデートに誘っていた永田だったが、自分が脚本を書いた演劇に出演してもらったことをきっかけに、親の仕送りで暮らす沙希のアパートに転がり込む。しかし、沙希が社会人になった頃から2人の関係に少しずつ変化が訪れる……。

「火花」で第153回芥川賞を受賞し、芸能界に文学旋風を巻き起こした著者による最新作。演劇をやる以外に生き方を知らない主人公が、自分の中に渦巻く才能への渇望や嫉妬心を噴出させてしまうがゆえに起こる演劇仲間との衝突や、自分が自分のままでいること自体が人を傷つけてしまう切ない現実を描いている。

 描写の一つ一つを肌触りのある実のある言葉にしていく緻密な言葉運びが素晴らしい。タレント本という先入観で読むと、驚かされること必至だ。(新潮社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る