「劇場」又吉直樹著

公開日: 更新日:

 主人公「永田」は、売れない小劇団の脚本家。ある日、画廊をのぞきこんでいる沙希という女性を見て、この人こそ自分を理解してくれる人なのではないかと思い、強引に声をかけて喫茶店に誘う。最初は警戒していた沙希も、中学の頃から演劇部だったこともあり、永田に興味を持つようになった。

 当初、恐る恐る沙希をデートに誘っていた永田だったが、自分が脚本を書いた演劇に出演してもらったことをきっかけに、親の仕送りで暮らす沙希のアパートに転がり込む。しかし、沙希が社会人になった頃から2人の関係に少しずつ変化が訪れる……。

「火花」で第153回芥川賞を受賞し、芸能界に文学旋風を巻き起こした著者による最新作。演劇をやる以外に生き方を知らない主人公が、自分の中に渦巻く才能への渇望や嫉妬心を噴出させてしまうがゆえに起こる演劇仲間との衝突や、自分が自分のままでいること自体が人を傷つけてしまう切ない現実を描いている。

 描写の一つ一つを肌触りのある実のある言葉にしていく緻密な言葉運びが素晴らしい。タレント本という先入観で読むと、驚かされること必至だ。(新潮社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  8. 8

    久光製薬 中冨博隆会長 頼りはやっぱり「サロンパス」

  9. 9

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  10. 10

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

もっと見る