「劇場」又吉直樹著

公開日:

 主人公「永田」は、売れない小劇団の脚本家。ある日、画廊をのぞきこんでいる沙希という女性を見て、この人こそ自分を理解してくれる人なのではないかと思い、強引に声をかけて喫茶店に誘う。最初は警戒していた沙希も、中学の頃から演劇部だったこともあり、永田に興味を持つようになった。

 当初、恐る恐る沙希をデートに誘っていた永田だったが、自分が脚本を書いた演劇に出演してもらったことをきっかけに、親の仕送りで暮らす沙希のアパートに転がり込む。しかし、沙希が社会人になった頃から2人の関係に少しずつ変化が訪れる……。

「火花」で第153回芥川賞を受賞し、芸能界に文学旋風を巻き起こした著者による最新作。演劇をやる以外に生き方を知らない主人公が、自分の中に渦巻く才能への渇望や嫉妬心を噴出させてしまうがゆえに起こる演劇仲間との衝突や、自分が自分のままでいること自体が人を傷つけてしまう切ない現実を描いている。

 描写の一つ一つを肌触りのある実のある言葉にしていく緻密な言葉運びが素晴らしい。タレント本という先入観で読むと、驚かされること必至だ。(新潮社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る