「幸腹な百貨店」秋川滝美著

公開日: 更新日:

 湊町にある堀内百貨店は、流通大手の五代グループ中部事業本部長の高橋伝治が管理していたが、郊外の大型ショッピングセンターに客を取られ、閉鎖の危機に。5階フロア長の花村瑠衣が高橋に、聖域に手をつけるしかないと言う。地下の飲食部門は唯一、安定した売り上げを残していたが、そこも客足が落ちている。高橋は行列ができるほど人気のおにぎり屋「米よし」に出店を持ちかけたが失敗。次に目をつけたのが商店街の「おかず屋はる」。ところが、そこのおにぎりの味は「米よし」と同じだった。その店主のはるは、「米よし」の店主の母親だったのだ!

 さびれた百貨店の生き残りにかけるスタッフの奮戦記。(講談社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  5. 5

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  6. 6

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  7. 7

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る