「母の記憶に」ケン・リュウ著、古沢嘉通ほか訳

公開日: 更新日:

 エミーが10歳のとき、学校から帰宅すると、玄関でパパが出迎えてくれた。パパと一緒にいたのは、家中に飾られた写真に写っているのと同じ人だった。ママだ。不治の病を患い、余命2年と宣告されたママは、いつもは宇宙船で暮らしているのだ。娘の成長を見守るため、2年の寿命を引き延ばすためだ。次にママがエミーの前に現れたのは、彼女が17歳のときで、ママはまだ25歳のままだった。(表題作)

 その他、1907年の冬、帝国陸軍から支給された機械馬の実験を兼ねて、満州の原野で巨大熊を追う中松博士が率いる探検隊の悪夢を描く「烏蘇里羆(ウスリーひぐま)」など、「紙の動物園」で注目される中国出身作家によるSF作品集。(早川書房 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  4. 4

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  5. 5

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  6. 6

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  9. 9

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  10. 10

    大船渡・佐々木 1球も投げず初戦敗退で浮上する“故障疑惑”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る