「母の記憶に」ケン・リュウ著、古沢嘉通ほか訳

公開日: 更新日:

 エミーが10歳のとき、学校から帰宅すると、玄関でパパが出迎えてくれた。パパと一緒にいたのは、家中に飾られた写真に写っているのと同じ人だった。ママだ。不治の病を患い、余命2年と宣告されたママは、いつもは宇宙船で暮らしているのだ。娘の成長を見守るため、2年の寿命を引き延ばすためだ。次にママがエミーの前に現れたのは、彼女が17歳のときで、ママはまだ25歳のままだった。(表題作)

 その他、1907年の冬、帝国陸軍から支給された機械馬の実験を兼ねて、満州の原野で巨大熊を追う中松博士が率いる探検隊の悪夢を描く「烏蘇里羆(ウスリーひぐま)」など、「紙の動物園」で注目される中国出身作家によるSF作品集。(早川書房 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る