「母の記憶に」ケン・リュウ著、古沢嘉通ほか訳

公開日: 更新日:

 エミーが10歳のとき、学校から帰宅すると、玄関でパパが出迎えてくれた。パパと一緒にいたのは、家中に飾られた写真に写っているのと同じ人だった。ママだ。不治の病を患い、余命2年と宣告されたママは、いつもは宇宙船で暮らしているのだ。娘の成長を見守るため、2年の寿命を引き延ばすためだ。次にママがエミーの前に現れたのは、彼女が17歳のときで、ママはまだ25歳のままだった。(表題作)

 その他、1907年の冬、帝国陸軍から支給された機械馬の実験を兼ねて、満州の原野で巨大熊を追う中松博士が率いる探検隊の悪夢を描く「烏蘇里羆(ウスリーひぐま)」など、「紙の動物園」で注目される中国出身作家によるSF作品集。(早川書房 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  10. 10

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る