「決戦!新選組」葉室麟他著

公開日: 更新日:

 新選組三番隊長・斎藤一は、甲州で惨敗した後、会津の松平容保の下で薩長との戦いを続けていた。容保の言葉から、自分を突き動かしているのは忠義でも意地でもなく、薩長に対する怒りだと確信したからだ。斎藤は容保に「新選組は、会津を決して見捨てません」と答える。だが、会津を見限った土方歳三は、徳川幕府の艦隊を率いて蝦夷地に入り、そこを徳川の領地として新政府と戦うという榎本武揚と行動を共にする。戦意を喪失した会津は敗走を続け、斎藤は隊員に土方の後を追うように命じるが、自らは会津にとどまる。(天野純希著「死にぞこないの剣」)

 6人の作家が、それぞれの士道に殉じた新選組の隊士を描いた本紙連載小説を単行本化。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  6. 6

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る