「『生きものらしさ』をもとめて」大沢文夫著

公開日: 更新日:

 生物物理学者の著者は、「生きものらしさとは何か」を追究してきた。いちばん大切なのは自立的精神で、その背後にあるのは自発性だが、下等生物のゾウリムシが変動する自然環境の中ですみやすい場所を探してあちこち泳ぐのは自発的運動である。そういうゾウリムシの自発性とヒトの自由意思とは隔絶したものではなく、下等な生物から高等な生物に上がっていくときに、自発性について「段階はあるが断絶はない」という。だから、研究者は、自発性がなぜ自由意思になり、なぜ意識が現れ、心が現れたかを研究しなくてはならない。ヒトは特別な存在ではない。ヒトの脳だけを研究していても分からない。

「生きもの」の本質を分かりやすく解説した一冊。(藤原書店 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る