「『生きものらしさ』をもとめて」大沢文夫著

公開日: 更新日:

 生物物理学者の著者は、「生きものらしさとは何か」を追究してきた。いちばん大切なのは自立的精神で、その背後にあるのは自発性だが、下等生物のゾウリムシが変動する自然環境の中ですみやすい場所を探してあちこち泳ぐのは自発的運動である。そういうゾウリムシの自発性とヒトの自由意思とは隔絶したものではなく、下等な生物から高等な生物に上がっていくときに、自発性について「段階はあるが断絶はない」という。だから、研究者は、自発性がなぜ自由意思になり、なぜ意識が現れ、心が現れたかを研究しなくてはならない。ヒトは特別な存在ではない。ヒトの脳だけを研究していても分からない。

「生きもの」の本質を分かりやすく解説した一冊。(藤原書店 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  2. 2

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  3. 3

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  4. 4

    公明党の「小池離れ」と「自民優先」で都政は立ち往生必至

  5. 5

    東京女子医大看護師 感染リスク覚悟で対応もボーナスゼロ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  8. 7

    <1>戦略家の大統領補佐官が「暴露本」を書いた重大な意味

  9. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 9

    都知事選の結果を見て、東京は「差別の都」なのかと思った

  11. 10

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

もっと見る