「復讐者マレルバ」ジュセッペ・グラッソネッリほか著、飯田亮介訳

公開日: 更新日:

 1980年代末から90年代初頭にかけて、シチリア・マフィアの「コーザ・ノストラ」に反旗を翻し、「第5のマフィア」と呼ばれたマフィア組織スティッダがあった。本書はイタリア・マフィアのボスを含めて300人以上の犠牲者を出したスティッダのヒットマンだったジュセッペ・グラッソネッリの衝撃の回顧録である。

 1965年、シチリアの港町カーサマリーナで生まれたグラッソネッリ(回顧録ではブラッソ)は幼い頃から盗みを重ね少年ギャング団の頭となり、ついにはドイツに逃亡。潜伏先のハンブルクでいかさまギャンブラーとして名を上げていたが、21歳のとき、一族がコーザ・ノストラの襲撃に遭い殺された。そしてその反撃のためスティッダを結成しヒットマンとなり、92年に逮捕された。

 逮捕当時はまともに文章も書けなかったが、獄中で勉学に励み、48歳のときナポリ大学を卒業し本書を刊行。現在も司法取引に応じず服役中である。(早川書房 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る