「復讐者マレルバ」ジュセッペ・グラッソネッリほか著、飯田亮介訳

公開日: 更新日:

 1980年代末から90年代初頭にかけて、シチリア・マフィアの「コーザ・ノストラ」に反旗を翻し、「第5のマフィア」と呼ばれたマフィア組織スティッダがあった。本書はイタリア・マフィアのボスを含めて300人以上の犠牲者を出したスティッダのヒットマンだったジュセッペ・グラッソネッリの衝撃の回顧録である。

 1965年、シチリアの港町カーサマリーナで生まれたグラッソネッリ(回顧録ではブラッソ)は幼い頃から盗みを重ね少年ギャング団の頭となり、ついにはドイツに逃亡。潜伏先のハンブルクでいかさまギャンブラーとして名を上げていたが、21歳のとき、一族がコーザ・ノストラの襲撃に遭い殺された。そしてその反撃のためスティッダを結成しヒットマンとなり、92年に逮捕された。

 逮捕当時はまともに文章も書けなかったが、獄中で勉学に励み、48歳のときナポリ大学を卒業し本書を刊行。現在も司法取引に応じず服役中である。(早川書房 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る