「復讐者マレルバ」ジュセッペ・グラッソネッリほか著、飯田亮介訳

公開日:  更新日:

 1980年代末から90年代初頭にかけて、シチリア・マフィアの「コーザ・ノストラ」に反旗を翻し、「第5のマフィア」と呼ばれたマフィア組織スティッダがあった。本書はイタリア・マフィアのボスを含めて300人以上の犠牲者を出したスティッダのヒットマンだったジュセッペ・グラッソネッリの衝撃の回顧録である。

 1965年、シチリアの港町カーサマリーナで生まれたグラッソネッリ(回顧録ではブラッソ)は幼い頃から盗みを重ね少年ギャング団の頭となり、ついにはドイツに逃亡。潜伏先のハンブルクでいかさまギャンブラーとして名を上げていたが、21歳のとき、一族がコーザ・ノストラの襲撃に遭い殺された。そしてその反撃のためスティッダを結成しヒットマンとなり、92年に逮捕された。

 逮捕当時はまともに文章も書けなかったが、獄中で勉学に励み、48歳のときナポリ大学を卒業し本書を刊行。現在も司法取引に応じず服役中である。(早川書房 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る