「春の嵐」畑野智美著

公開日: 更新日:

 新城が南部芸能事務所の研修生になって1年が過ぎた。同じ大学に通う溝口と「メリーランド」というコンビを組んで、事務所主催のライブにも出ている。

 夏休みが終われば、友人らは就職活動を始める。しかし、新城は2年半付き合っている同級生の恋人・美沙と将来について、話し合うことに二の足を踏んでしまう。支えてもらうばかりで、彼女に何もしてあげられないことが心に引っかかり、本当は彼女がどう考えているのか聞くこともできない。新城は、両親や姉にも、芸人になることを打ち明けておらず、自分がどうしたいのかも分からない。そんな新城を見かね、溝口が声をかけてきた。(「プロ」)

 弱小プロダクションを舞台に若者たちの日々を描く連作小説。(講談社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  6. 6

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  7. 7

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る

人気キーワード