• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「春の嵐」畑野智美著

 新城が南部芸能事務所の研修生になって1年が過ぎた。同じ大学に通う溝口と「メリーランド」というコンビを組んで、事務所主催のライブにも出ている。

 夏休みが終われば、友人らは就職活動を始める。しかし、新城は2年半付き合っている同級生の恋人・美沙と将来について、話し合うことに二の足を踏んでしまう。支えてもらうばかりで、彼女に何もしてあげられないことが心に引っかかり、本当は彼女がどう考えているのか聞くこともできない。新城は、両親や姉にも、芸人になることを打ち明けておらず、自分がどうしたいのかも分からない。そんな新城を見かね、溝口が声をかけてきた。(「プロ」)

 弱小プロダクションを舞台に若者たちの日々を描く連作小説。(講談社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る