• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本人の9割が知らない遺伝の真実」安藤寿康著

 著者が専門とする行動遺伝学の知見によると、知能や性格に加え、さまざまな分野における才能についても、遺伝が大きく影響しているという。ゆえに、家庭における親の子育ての仕方は、子供がどう育つかにあまり影響を与えていないと考えられるそうだ。ただ、遺伝で伝わった才能は、何もしなくても発現するわけではない。遺伝と環境の両要因が働き合って才能は発現するのだが、同じ体験をしたとしても、そこから何が引き出されるのかは人によって違ってくる。そこに遺伝の違いが関わってくるという。

 学力や知能に遺伝的影響力が大きいなら勉強は無駄なのか、収入と遺伝の関係など、疑問に答えながら、遺伝の本質を直視した上での教育の役割や社会のあり方を提言する。(SBクリエイティブ 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る