「十津川警部捜査行伊豆箱根事件簿」西村京太郎著

公開日: 更新日:

 十津川警部の大学時代の友人・小島の変死体が東京湾で発見される。状況から他殺と思われた。食品会社の営業部長の小島は、同期の出世頭だった。すぐに小島の別居中の妻・みゆきも他殺体で見つかり、十津川らは同一人物による犯行とにらみ捜査を進める。

 数日前、十津川は小島から手紙を受け取っていた。手紙には休暇を取って、下田の蓮台寺で過ごしていると書かれてあった。十津川は、そう親しくもなかった小島から届いた手紙に事件解決のヒントがあるとにらむ。小島の足跡をたどって石廊崎を訪れた十津川は、レストランのウエートレスから目撃情報を得る。(「伊豆下田で消えた友へ」)

 箱根や伊豆半島を舞台にした作品を編んだトラベルミステリー集。(実業之日本社 667円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  10. 10

    民主党政権にも及ばなかった「戦後最長の景気拡大」の嘘

もっと見る