• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「シーラカンス殺人事件」内田康夫著

 正月、日本の調査隊が南アフリカの某国から「生きた化石」と呼ばれるシーラカンスを持ち帰った。翌日、三浦半島にある水族館の水槽の中で同館の職員で調査隊に参加していた平野の他殺体が見つかる。同じころ、万里子は調査隊に同行取材していた新聞記者の兄・秀夫の帰りを待っていた。

 しかし、兄は1日早く調査隊と別れ帰国の途に就いたが、ローマに立ち寄った後、消息が分からなくなっていた。実は、調査隊の資金を出したのは秀夫の勤務先の新聞社だったが、シーラカンスは契約の切れた翌日に見つかり、他社がスクープしていた。警察は凶器から検出された指紋を証拠に、容疑者として秀夫の行方を追う。

 警部・岡部和雄を主人公にした著者の初期作品。(祥伝社 690円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る