「灰色の密命(上・下)」ロバート・ゴダード著、北田絵里子訳

公開日: 更新日:

 第1次世界大戦に従軍した元英国陸軍航空隊のパイロットのマクステッドは、祖国の特殊工作員の顔を持ちながら、連合国内にスパイ網を張り巡らすドイツのレンマーの部下として働く二重スパイ。レンマーとの初仕事は、スコットランド・オークニー諸島のスカパ・フロー湾に英国海軍の監視下で抑留されているドイツの外洋艦隊の艦長から、あるファイルを受けとるというものだった。

 島に到着したマクステッドは、仲間のアメリカ軍掃海艇の乗組員・フォンタナに接触。段取りを打ち合わせする2人の話に男が割り込んできた。男はマクステッドがフェリーで知り合ったセルウィンだった。

 大戦直後の世界を舞台に国際諜報戦を描く3部作の第2弾。(講談社 各1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  2. 2

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  8. 8

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    プーチンに3000億円も献上し物事が後退してしまうって…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る