「灰色の密命(上・下)」ロバート・ゴダード著、北田絵里子訳

公開日: 更新日:

 第1次世界大戦に従軍した元英国陸軍航空隊のパイロットのマクステッドは、祖国の特殊工作員の顔を持ちながら、連合国内にスパイ網を張り巡らすドイツのレンマーの部下として働く二重スパイ。レンマーとの初仕事は、スコットランド・オークニー諸島のスカパ・フロー湾に英国海軍の監視下で抑留されているドイツの外洋艦隊の艦長から、あるファイルを受けとるというものだった。

 島に到着したマクステッドは、仲間のアメリカ軍掃海艇の乗組員・フォンタナに接触。段取りを打ち合わせする2人の話に男が割り込んできた。男はマクステッドがフェリーで知り合ったセルウィンだった。

 大戦直後の世界を舞台に国際諜報戦を描く3部作の第2弾。(講談社 各1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る