• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「分解するイギリス」近藤康史著

「EU離脱」を機にあらわになった英国の民主主義の変質を論じたリポート。議会制民主主義をいち早く確立させ、数百年の間、持続させてきた英国は、「決められない政治」が続いた近年の日本の理想であり、到達目標だった。その英国が、国民投票という議会外の手続きによってEU離脱という決定をしたこと自体が、英国民主主義が機能不全に陥っていることを証明している。

 英国の民主主義が追求し、生み出してきた「安定性」の背景や2大政党制による競争が敵対よりも「合意」をもたらしてきた理由など、その制度やメカニズムを分析。その上で、政党内対立や地域間対立によって進む制度的分解の現状を論じながら、今後の民主主義モデルと政治システムのあるべき姿を考える。(筑摩書房 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る