「分解するイギリス」近藤康史著

公開日:

「EU離脱」を機にあらわになった英国の民主主義の変質を論じたリポート。議会制民主主義をいち早く確立させ、数百年の間、持続させてきた英国は、「決められない政治」が続いた近年の日本の理想であり、到達目標だった。その英国が、国民投票という議会外の手続きによってEU離脱という決定をしたこと自体が、英国民主主義が機能不全に陥っていることを証明している。

 英国の民主主義が追求し、生み出してきた「安定性」の背景や2大政党制による競争が敵対よりも「合意」をもたらしてきた理由など、その制度やメカニズムを分析。その上で、政党内対立や地域間対立によって進む制度的分解の現状を論じながら、今後の民主主義モデルと政治システムのあるべき姿を考える。(筑摩書房 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る