「分解するイギリス」近藤康史著

公開日: 更新日:

「EU離脱」を機にあらわになった英国の民主主義の変質を論じたリポート。議会制民主主義をいち早く確立させ、数百年の間、持続させてきた英国は、「決められない政治」が続いた近年の日本の理想であり、到達目標だった。その英国が、国民投票という議会外の手続きによってEU離脱という決定をしたこと自体が、英国民主主義が機能不全に陥っていることを証明している。

 英国の民主主義が追求し、生み出してきた「安定性」の背景や2大政党制による競争が敵対よりも「合意」をもたらしてきた理由など、その制度やメカニズムを分析。その上で、政党内対立や地域間対立によって進む制度的分解の現状を論じながら、今後の民主主義モデルと政治システムのあるべき姿を考える。(筑摩書房 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る