「分解するイギリス」近藤康史著

公開日: 更新日:

「EU離脱」を機にあらわになった英国の民主主義の変質を論じたリポート。議会制民主主義をいち早く確立させ、数百年の間、持続させてきた英国は、「決められない政治」が続いた近年の日本の理想であり、到達目標だった。その英国が、国民投票という議会外の手続きによってEU離脱という決定をしたこと自体が、英国民主主義が機能不全に陥っていることを証明している。

 英国の民主主義が追求し、生み出してきた「安定性」の背景や2大政党制による競争が敵対よりも「合意」をもたらしてきた理由など、その制度やメカニズムを分析。その上で、政党内対立や地域間対立によって進む制度的分解の現状を論じながら、今後の民主主義モデルと政治システムのあるべき姿を考える。(筑摩書房 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る