「うなぎ女子」加藤元著

公開日: 更新日:

 物語の舞台は、うなぎ屋「まつむら」。権藤佑市という売れない俳優が通うこの店に、うなぎに対してそれぞれの思いを持つ女が訪れる。本書は、そんな佑市と縁を持つ5人の女たちの5つのストーリーがつづられている。

 第1章「肝焼き」に登場するのは、佑市と20年前に知り合い、同棲を続けてきた笑子という女。君のおかげでうなぎを食べる喜びを知ったという佑市の言葉にほだされ、周囲の反対を押し切って一緒にいたものの、ある疑惑から別れを決意する。

 しかし、2章以降に登場する大学教授と見合いをする女、ベストセラー作家になることを夢見る女、入院中の病院で佑市と知り合った女、ある時まで佑市の妹として生きてきた女たちのストーリーを読み進めると、佑市という人物の意外な全体像が見えてくる。読み終えた後に、もう一度ページを遡って読み返したくなる仕掛けがうまい。

 うなぎ屋の焦げたような甘い匂いで想起された、女たちの切ない思い出に引き込まれる。(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る