「うなぎ女子」加藤元著

公開日: 更新日:

 物語の舞台は、うなぎ屋「まつむら」。権藤佑市という売れない俳優が通うこの店に、うなぎに対してそれぞれの思いを持つ女が訪れる。本書は、そんな佑市と縁を持つ5人の女たちの5つのストーリーがつづられている。

 第1章「肝焼き」に登場するのは、佑市と20年前に知り合い、同棲を続けてきた笑子という女。君のおかげでうなぎを食べる喜びを知ったという佑市の言葉にほだされ、周囲の反対を押し切って一緒にいたものの、ある疑惑から別れを決意する。

 しかし、2章以降に登場する大学教授と見合いをする女、ベストセラー作家になることを夢見る女、入院中の病院で佑市と知り合った女、ある時まで佑市の妹として生きてきた女たちのストーリーを読み進めると、佑市という人物の意外な全体像が見えてくる。読み終えた後に、もう一度ページを遡って読み返したくなる仕掛けがうまい。

 うなぎ屋の焦げたような甘い匂いで想起された、女たちの切ない思い出に引き込まれる。(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る