• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「維新の羆撃ち」経塚丸雄著

 五稜郭の戦いに敗れ、兄と本多佐吉とともに逃れてきた奥平八郎太。彼の前に立ちふさがったのは、口元を血で染めた巨大なヒグマだった。深手を負った八郎太は猟師の十蔵、喜代夫婦に助けられ、鉄砲で撃たれた右腕を切り落とされて命拾いする。八郎太はヒグマに殺された佐吉の墓を作り、十蔵の手伝いをして暮らすが、結核で先の短い十蔵に、小屋も火縄銃も譲るから喜代と夫婦になれと言われ、その頼みを聞き入れる。八郎太は、十蔵から兄の喜一郎が新政府軍に投降したことを聞き、動揺する。開拓使庁の役人となった兄との再会で、八郎太は新しい時代と対峙することに。

 武士の価値観を捨てることを迫られる男を描く時代小説。

(河出書房新社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る