「忍者はすごかった」山田雄司著

公開日:

 忍び=忍者の最も重要な任務は、敵方の状況を主君に伝えることで、そのためには必ず生き延びて戻ってこなければならなかった。ゆえに、忍術書には、生きるためのさまざまな知恵が盛り込まれている。本書は、「万川集海」などの忍術書から現代人にも通じる金言を紹介する生き方指南書。

「酒楽、隠乱、ばくえきをすすむる事、人取り入らるるの謀なり(正忍記)」と、相手の懐に入るために酒・淫乱・ばくちなどの欲心を利用することを説く一方で、忍者には禁欲を命じる一節から、「忍の字は刃の下に心を書。心は胸也。胸に白刃を当て物を問い、決断に逢う心也(当流奪口忍之巻註)」など、忍びの精神を説いたものまで。81の教えから忍者の生き方に学ぶ。(幻冬舎 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る