「黒い波紋」曽根圭介著

公開日:

 加瀬将造は元刑事。現役時代、個人情報を横流ししていたことが露見し、退職。その後、ダイニングバーを開くが経営に行き詰まり、多額の借金を抱え、妻子にも逃げられる。その後は便利屋のアルバイトをしながら、借金返済と養育費の支払いに追われている。ある日、彼が小学校1年生のときに家族を捨て家を出ていった父親が死んだと知らせを受ける。金目のものがないかと父親のアパートを家捜しすると、毎月どこからか30万円の現金が振り込まれていて、天井裏にはVHSのビデオテープが隠されているのを発見。テープにはあるスキャンダラスな映像が写っており、父親はこれをネタにゆすっていたのではないか。そこに写っているのは地方の有力政治家だと分かり、将造は月30万などとケチなことはいわず、大金をせしめようと画策する……。

 うまく運ぶかに見えたが、政治家一族の権謀術数、30万円の振り込みの真相など、欲と権力が絡み合いながら、意外な方向へと展開していく。江戸川乱歩賞作家の注目作。

(朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る