• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「黒い波紋」曽根圭介著

 加瀬将造は元刑事。現役時代、個人情報を横流ししていたことが露見し、退職。その後、ダイニングバーを開くが経営に行き詰まり、多額の借金を抱え、妻子にも逃げられる。その後は便利屋のアルバイトをしながら、借金返済と養育費の支払いに追われている。ある日、彼が小学校1年生のときに家族を捨て家を出ていった父親が死んだと知らせを受ける。金目のものがないかと父親のアパートを家捜しすると、毎月どこからか30万円の現金が振り込まれていて、天井裏にはVHSのビデオテープが隠されているのを発見。テープにはあるスキャンダラスな映像が写っており、父親はこれをネタにゆすっていたのではないか。そこに写っているのは地方の有力政治家だと分かり、将造は月30万などとケチなことはいわず、大金をせしめようと画策する……。

 うまく運ぶかに見えたが、政治家一族の権謀術数、30万円の振り込みの真相など、欲と権力が絡み合いながら、意外な方向へと展開していく。江戸川乱歩賞作家の注目作。

(朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る