「かわうそ お江戸恋語り。」あさのあつこ著

公開日:  更新日:

 太物問屋「あたご屋」の一人娘・お八重は、外出からの帰り道、ごろつきに絡まれていたところを通りかかりの男に助けられる。以来、「川獺」と名乗ったその男が忘れられず、17歳のお八重は自分が恋をしたのだと気づく。女中のおちかは、心ここにあらずのお八重を心配する。川獺のことを打ち明けられたおちかは、彼を探して町をさまようお八重に付き添う。 そんなある日、一人で町に出かけたお八重は川獺をついに見つける。だが、彼は美しい女を同伴していた。数日後、叔母から縁談が持ち込まれたお八重は、自らの思いを断ち切ろうと、一人で川獺が住む長屋を訪ねる。そこにはあの女の死体が転がっていた。

 一途な少女の恋と成長を描く青春時代小説。(祥伝社 690円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る