• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「誰もボクを見ていない」山寺香著

 2014年3月、17歳の少年が母方の祖父母を刃物で刺殺する事件が起きた。母親から金を借りてくるよう強要されたが、借金を断られたため殺してしまった。

 少年は小学校5年生のときから学校にも通わせてもらえず、母と義父と3人で転居を繰り返していた「居所不明児童」だった。母は働こうとせず、祖父母からもらったお金を浪費して、息子に借金をさせていたのだ。少年を保護しようとした児童相談所や、一家が一時生活していたモーテルの従業員らは彼のことを案じていたが、その思いは少年に届かず、誰も自分のことを覚えていないと思って追い詰められていたのだ。

 事件を取材した新聞記者が少年犯罪の背景をえぐりだす。(ポプラ社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事