「子どもの敏感さに困ったら読む本」長沼睦雄著

公開日:

 すぐびっくりする/たくさんのことを質問する/静かに遊ぶのを好む/服の生地がチクチクしたり、靴下の縫い目や服のラベルが肌に当たったりするのを嫌がる――など本書に載っている22のチェック項目のうち、13個以上に「はい」なら、自分の子どもはおそらく「HSC」(敏感過ぎる子ども)だという。

 これは病気というわけではなく、ものごとを深く処理する、過敏に刺激を受けやすい、共感力が高い、ささいな刺激を感知する、という人一倍敏感な気質を備えた子どもということだ。しかし、周囲の大人から「ちょっと変わっている」と思われがちで、それを隠そうと「いい子」を演じるうちに、不安障害や解離性障害などの精神障害を併発することもある。

 児童精神科医の著者がHSCへの理解とその才能の輝かせ方を解説。

(誠文堂新光社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る