• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「新潟の逆襲」田村秀著

 かつて新潟は人口が日本一で、1888年の日本の人口3963万人のうち166万人が新潟県に住み、東京都は何と第4位だった。

 稲作が盛んで多くの人口を抱えることができたのだが、その後は大都市に若い労働力を供給する地域になってしまった。日本を道州制に再編するという議論でも、新潟は北関東に入れられたり東北6県と一緒にされたりと随分な扱いである。

 一見ピンチのように見えるが、実は新潟は今、2030年の冬季オリンピック・パラリンピック開催を目指したり、上越新幹線にE7系の最新車両導入が決定されるなど、逆襲が始まっている。

 新潟のピンチをチャンスに変える提案が詰まった一冊。

(言視舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事