「日航123便 墜落の新事実」青山透子著

公開日:  更新日:

 1985年8月12日。羽田空港を離陸して伊丹空港に向かった日航ジャンボ機123便が、群馬県上野村の御巣鷹の尾根に墜落した。圧力隔壁の修理ミスが事故原因だと発表されたが、32年経過した今でも不審な点が残っているという。元日航客室乗務員の著者は、事故原因への疑問をまとめて前著「天空の星たちへ―日航123便 あの日の記憶」(マガジンランド)を2010年に出版したが、出版後新たな事実や目撃証言などが寄せられ、風化させてはいけないという使命感から本書を書いた。

 地元小中学生の文集にある「大きな飛行機と小さな2機のジェット機が追いかけっこしていた」という目撃談、墜落機の腹にオレンジの楕円形のものが見えたという複数の証言、政府による原因追究の仕方と事故報告書の不自然な点など、著者は時間をかけてさまざまな事象や証言を集めてきた。

 なぜあの日多くの人が命を落としたのか、真実を明らかにしたいという強い思いが伝わってくる。

(河出書房新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る